グレープフルーツジュースが持つ血圧低下の効果

グレープフルーツジュースが血圧を低下させる、また高血圧の薬を飲んでいる人はグレープフルーツを食べてはいけないと耳にした方は多いでしょう。

 

グレープフルーツジュースに含まれる成分が体内に入って、血圧を低下させる秘密を解説します。

 

一部の高血圧の薬との飲み合わせには注意が必要

実はグレープフルーツと相性が良くないのはカルシウム拮抗薬という特定の薬で、それ以外の高血圧の薬はグレープフルーツを食べても影響はありません。

 

カルシウム拮抗薬は肝臓にある代謝酵素によって解毒されるのですが、グレープフルーツに含まれる成分フラノクマリンはこの酵素の働きを邪魔して薬の分解を遅くします。

 

結果として薬が体内に長くとどまって血圧が下がり過ぎると、心拍数が増えたり、めまい、頭痛、顔がほてるなどの副作用があらわれます。

 

カルシウム拮抗薬だけでなく不眠症治療や高脂血症治療などに用いられる薬にも同じような副作用の可能性があるそうです。

 

柑橘類でもみかんやオレンジは影響なし

グレープフルーツがだめなら柑橘類すべてがよくないと思われるかもしれませんが、オレンジやみかん、ゆず、すだち、レモンなどは影響はないそうです。

 

逆に夏みかんや八朔などはグレープフルーツと同じようにカルシウム拮抗薬との飲み合わせには注意が必要です。

 

またグレープフルーツジュースの効果は十数時間持続するという話もあり、副作用を考えると1杯でも慎重にならないといけません。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析