血圧はいくらを超えると高血圧になる?

血圧が高めの人は気をつけなければ…とはよく言われますが、高血圧にはこれ以上なら血圧が高いと判断される基準値があります。

 

日本高血圧学会による最新の高血圧治療ガイドライン2014では高血圧とされる基準値は140/90mmHg以上で、その値以上であれば医療機関の受診を推奨しています。

 

上が140、下が90を超えても大丈夫?

2014年に日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が健康診断や人間ドックで異常なしと判断する基準を発表したのが話題となりました。

 

この基準範囲によると人間ドック学会の血圧の基準値は147/94mmHgで、日本高血圧学会の基準値と差があります。

 

今までは高血圧だと思っていたけれど、上が140、下が90なら正常なのかな?と考えてしまいますよね。

 

人間ドック学会では150万人を対象にした大がかりな調査を行い、その中から特定の病気の治療や服薬をせず、今現在健康な人のそれぞれの数値から基準範囲を出しました。
その1つが血圧の基準値の147/94mmHgだったわけです。

 

将来病気になるリスクを考えるべき

この人間ドック学会の基準値に対して日本高血圧学会も見解を発表しています。

 

それは高血圧学会による基準値140/90mmHgは、高血圧患者を治療する専門医が将来病気になるリスクを重視して、治療を始める時期の目安となる数値であるというもの。

 

高血圧は放置しておくと動脈硬化がすすみ、さまざまな臓器の機能を低下させてしまいます。

 

つまり今は健康でもこの数値ならば治療を開始して、病気になるリスクを少なくしましょうということです。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析