高血圧が危険な理由

高血圧が危険な理由と心がけたいこと

高血圧

 

日本では大人の3人に1人が高血圧と言われていますが、年齢が上がるほど割合は増え、40歳以上になると男性の6割、女性の4割が高血圧になります。

 

国の調査によれば高血圧の方は4300万人そのうち3400万人は受診せず、症状がなく放置している方もかなりいると考えられます。

 

やはり血圧を下げる事が重要ですので、症状やポイントを知っておきましょう。

 

高血圧と気づいていない人は危険

高血圧は収縮期(上の血圧)140mmHg以上、拡張期(下の血圧)90mmHg以上の数値が上下どちらか、あるいは両方で慢性的に続いている状態です。

 

血圧が高いままでも自覚症状がほとんどないのが高血圧の危険なところで、放置すると脳卒中や心筋梗塞に突然襲われたり、腎臓の機能が低下して治癒が難しい病気になります。
さまざまな臓器に異常が見られるのは、高血圧が体のいろいろな場所で動脈硬化を起こして機能を低下させるからです。命に関わる病気を伴うこともあり、高血圧はサイレントキラーと呼ばれています。

 

血圧を下げるために注意したいことは

高血圧の90%は本態性高血圧で塩分の摂り過ぎ、肥満など生活習慣を要因として起こりやすく、遺伝の要素もあるようです。

 

高血圧の家族がいる家庭は高血圧のリスクが高いことが分かっているので、血圧を下げるためには減塩や運動を心がけ肥満を予防するなどの注意が必要です。

 

また家庭用の血圧測定器で毎日定時に血圧をチェックする習慣は高血圧の発症を防ぐため・血圧を下げるためにも有効で、高血圧学会では高血圧の判定にあたり、診察室での血圧より日常の家庭血圧を優先するそうです。

 

普段血圧が高いのに診察や健康診断での血圧が正常値という方もおり、仮面高血圧と呼ばれ見逃されやすいですが、家庭で血圧を測っていれば発見しやすくなります。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析