高血圧の薬と同時に風邪薬を飲んでも良いの?

薬

 

高血圧の治療では生活習慣を変える治療法をまず行いますが、血圧に改善が見られないと薬による治療も並行して始まります。

 

高血圧の薬は種類が多く、血圧の高さや状態、病気の有無などによって服用する薬は違いますから、飲み合わせもそれぞれです。

 

医師の指示に従うのはもちろんのこと、自分でも一般的な飲み合わせの知識を持って危険を避けたいものです。

 

血圧を上げる副作用がある風邪薬は要注意

血圧を下げる降圧剤との飲み合わせが指摘されているのは風邪薬に含まれている消炎解熱剤で、イブプロフェンなどがそれに当たり、血圧を上げるおそれがあります。

 

風邪薬程度なら大丈夫と思わないで、ドラッグストアの薬剤師さんなどに高血圧の薬との飲み合わせのアドバイスを受けましょう。

 

また薬にも塩分が含まれているのでそのような製品を避ける、カフェインが多く含まれている製品だとカフェインを普段摂らない人には影響が大きい場合があるので控えるなどが大事です。

 

そのほかにもある高血圧の薬との飲み合わせ

漢方薬(生薬)は副作用がないから大丈夫と安心してはいけません。

 

風邪の引き始めによいという葛根湯はカンゾウという生薬を含んでいますが、漢方ではカンゾウは血圧上昇作用があるとされています。

 

また非ステロイド性消炎鎮痛薬は血圧を上げ、腎臓に負担をかけるので主治医の判断を仰いだ方がよいですし、片頭痛の薬は血管収縮作用があるので血圧上昇をもたらすことも知っておきましょう。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析