血圧が高い人が入浴時に気をつけるべきポイント

リラックスできる入浴時は実は血圧が高い人にとって血圧上昇の危険がたくさんあることをご存知でしょうか?

 

湯船にゆっくり浸かると血圧も下がって体に良いはず…と思いがちですが、入浴前後の危険性を知って気をつけるだけで血圧が上がるのを防ぐことができます。

 

入浴前に浴室や脱衣所を温めておく

特に冬場は脱衣所で衣服を脱ぎ、浴室で浴槽に入るまで体感する温度差はかなり大きくなります。

 

脱衣所などで寒さを感じると血管が収縮し、さらに浴室や浴槽に入って急に温まって血圧が上がる可能性があります。

 

これがヒートショックで、血圧の高い人にとっては大変に危険なものです。

 

一般的にはその温度差が20℃以内であればよいとされ、40℃くらいのお湯に浸かるには脱衣所の室温は20℃程度が望ましいことになります。

 

寒い季節では少なくとも衣服を脱ぐ脱衣所の室温は20℃を目安に暖房を使って上げておき、浴槽のふたを開けて浴室全体も温めておきましょう。

 

ぬるめ(38〜40℃)のお湯に浸かる

熱いお湯は交感神経を刺激して血管が収縮して血圧が上がってしまうので、お風呂の温度はぬるめ(38〜40℃)で、上げるとしても41℃までに抑えましょう。

 

身体が温まらないような気がするなら、市販されている炭酸入浴剤を入れるのもおすすめです。

 

入浴剤を入れて炭酸が抜けないようにお湯をかき混ぜずに入ると、体感温度が上がって39℃でも温かく感じられ、血管を拡張させる作用によって血圧の安定にもよいそうです。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析