高血圧にいい温泉と注意点

泉質によってさまざまな病気に効く温泉ですが、高血圧の改善効果が高いのが硫黄泉(硫化水素泉)です。

 

皮膚病によい、ゆで卵が腐ったような臭いがする温泉と言えばイメージできる方も多いのではないでしょうか?

 

硫黄泉は高血圧だけでなく、糖尿病や動脈硬化など生活習慣病一般に効く温泉です。

 

硫黄泉に入浴するときのポイント

硫黄泉に含まれる硫化水素は皮膚への浸透効果が高く、血管を拡張させるため、血圧が下がります。

 

入浴を繰り返して血管の拡張が反復されることで硬くなった血管がやわらかくなるのだそうで、湯治と言って温泉地に長期間療養するのはやはり効果があるのですね。

 

ただし硫化水素泉は刺激が強いので湯あたりに注意しなければなりません。

 

高血圧の方は42℃以上の高温浴は血管を収縮させ血圧を上げるので避け、熱い場合は湯口から離れたぬるめの湯を選んで入浴しましょう。

 

高血圧の方の温泉選びの注意点

高血圧の方は気温の急激な変化がないように寒冷刺激がない平地や海沿いの温泉などが向いているようです。

 

お住まいの地域によっては硫黄泉が遠いという場合は二酸化炭素泉(炭酸泉)や硝酸塩泉、ラジウムやラドンという放射能泉なども高血圧改善効果があると言われています。

 

血管を拡張させる作用のある炭酸泉ですが温泉まで出かけられなくても、市販されている炭酸入浴剤を使用して、自宅で温泉に入っているかのような効能を得る手もあります。

 

炭酸が抜けないようお湯をかきまぜないのがポイントです。

 

 

 

高血圧の人に飲まれているサプリとその根拠を分析